2004年09月17日

出会った!!

最近、久しぶりに、衝撃的な出会いをした。
こんな出会いは、
あたしの今のインターン先の代表との出会い以来だ。

話しを聞きながら、座っていたのに眩暈がした。
たぶんうなづきすぎて頭を常に振ってたから(笑)

頭の中が、化学反応している。

もう決心は固まった。
弟子入りに行こう(笑)
いやいやまじです。
posted by yukky at 04:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の存在を確かめる方法

あたしにとって、
想いを文字に落とすことは、
生きていくに欠かせない行為なのだろう。

「今」のあたしが感じること。
考えること。
悩むこと。

自分でも見落としてしまいそうな、
ちょっとした心の感情を、
文字に落とす。

そうすることで、
自分の存在を再確認できる。

文字に落としたありのままの自分自身を
客観的に、認めてあげられる。

自分との徹底的な向き合いをしなければ、
自分自身を「文字」というわかりやすい形には落とせない。

いつだって、自分自身はあやふやで、もやもや。

だからこそ、
文字に落として、
その存在を確かめる。

このBLOGだって、一字一字に魂込めます。
うまい文章を書こうだとか、
みんなに読んでもらえる文章を書こうだとかは
全く考えません。
ただ、自分の本音をぶつけようと魂込めます。
posted by yukky at 01:44| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたのエネルギー源は何ですか?

「その活動をしているあなたのエネルギー源は何?」
こう聞かれたときに、即座に答えられるようになりたい。

今までわたしはいろんなことに首を突っ込み、
いろんなことをしてきた気はするけど、
上記の質問をされたら、
「・・・ん〜、ちょっとやってみたかったから」
としか答えられなかった。

それでもいいと思うし、
私の今までの活動を否定したいわけではない。

ただ、「ちょっとやってみたい」にも、
「やってみたい」と思った理由があるはずなんだ。

その活動をしている誰々と仲良くなりたいから。
その活動をしたら、みんなから「お〜!」って言われるから。
その活動をしたら、○○のスキルが身につきそうだから。
その活動をしたら、お金がもらえるから。
その活動をしたら、誰々から「ありがとう」と言われるかもしれないから。
その活動をして、将来を考えるヒントにしたいから。

いろいろな理由があると思う。
でも、ささいな理由だから、やってる張本人が、
どうしてやりたいと思ったかの自覚がない。

なぜ自分はそれをするのか?
自分が動くエネルギー源となるものは
絶対にあるはずなんだ。

そこんとこを明確に意識する。
意識した上で、
確実に目的を達成する。

誰々と仲良くなりたくてやってるなら、
確実に近づいて仲良くなる!
みんなからの名声を得たいのなら、
すごいと言われるほどのことをして自慢(プロモーション)する!
「ありがとう」と言われたいのなら、
そう言われたい対象が、何を求めているのかリサーチする!

自分のエネルギー源をうやむやにしておくと、
次第に最初の勢いのモチベーションは薄れ、
目的達成もせぬまま、活動をやめてしまうかもしれない。
一番だめなのは、エネルギーが満たされてもいないのに、
なんでやってるのかわかんないまま
やり続けてるパターン。

いろいろな活動に顔を突っ込むことには、
あたし自身がそういう人間だから、
決して否定しないし、むしろ共感する。
だけど、顔を突っ込むだけして、
何も得ずして、次のことをし始めるのは
時間の非効率な使い方だ。

「あなたのエネルギー源(目的)はなんですか?」
常に自分自身に問い掛け続けていきたい。
posted by yukky at 01:13| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

お金を生み出す

「お金を生み出す」っていうキーワードが
最近とても気になる。
気づけば、社会人の方と話すときにはいつも、
「お金を生み出すってどういうことだと思いますか?」
って聞いてる。

あたしはお金持ちになりたい願望はかなり薄いのではないかと思う。
とびきり贅沢は出来なくとも、何とか食べていければいいと思ってる。
給料の良い会社に惹かれるわけでもない。
(今は自分が養う人がいないからね)

だけど「お金」を生み出せる人間にはなりたいと思ってる。

お金を「稼ぐ」んじゃなくて、生み出す。

同じじゃん、って思う人もいると思うし、
確かに同じかもしれないけど、
あたしニュアンスでは違ってくる。

稼ぐ、って自分の時間や労力を売るかんじ。

生み出す、って自分のアイデアやバリューに値するお金が+αで発生するかんじ。

今のあたしは、お金を生み出す人間にはほど遠いし、
生み出したこともない。

あたしが社会人になりたくないと思っているのはきっと、
まだお金を生み出すことが出来ないからなのだろうか?

時間と労力を奉仕すれば、
毎月お金を稼げてしまう環境に入る前に、
自分でもお金を生み出せる、という感覚を身に付けたい。
別に何百万とかいう話なんかじゃ全然ない。
一万円でも、千円でもいいから、
自分の価値でお金を生み出してみたいのだ。
それが「自立する」ってことへの近付きな気がする。
あたしは怠け者なので、
お給料が毎月入ってくる環境に入ってしまうと、
きっとそこに依存してしまう。
だからこそ、
そういう環境には、「自立」を少しでもしてから入りたい。

学生団体の活動って、
お金感覚がとても薄い。
というか、学生団体で活動していたあたしのお金の感覚が、
とても薄かった。

編集長としてフリーペーパー作ったときも、
赤字になんなきゃいい、くらいにしか考えてなかった。
実際、うん十万の黒字だった(らしい)けど、
それは私の足で稼いだものじゃないし、
お金の価値がわかってなかった。
あのフリーパーパーを会った人に見せると、
「ここの広告費いくらだった?」って聞かれることが今でも多いけど、
相当あいまいな記憶のなかで、あいまいに答えている。
そんなひどい感覚。
収支決算とかも、実際よくわかってない。
「いくら黒字になったところで私のものになるわけじゃない」
そう思ってはお金に関心を寄せてなかった。

でも、今考えると、
あの活動も、お金を生み出すには絶好の機会だったわけだ。
ただ、私が、自分のしたことの価値に合うお金を請求しようとは思わなかった。
なぜなら、お金を請求できるほどの仕事をしたとは思えなかったから。

自分がしたことに対して、
堂々とお金を請求できるようになるには、
結果として、それ相応の価値を生み出す必要がある。
価値を生み出せるという自信も伴う。

うん、そうだ。
私は、お金が欲しい、というよりはむしろ
お金を生み出せるほどの仕事が出来る人間になりたいんだろう。
そんな人間になったシンプルな結果、成果として、
お金が生み出される。

在学中に、あたしはあと一回くらい、
紙媒体を作っていそうな予感がしている。

そして今も、自分が動きさえすれば、
お金を生み出すことを許してくれる(であろう)環境にいる。

あとどれくらい学生でいるのかは
今のところわかんないのだけど、
社会に出て行く前に、
ちょっとでも自立した人間になるのだ!
まずは自己投資!自己投資!
posted by yukky at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

元気補給源

「いつも笑っているね」
とはよく言われるが
いつも笑っているわけでは決してない。

たとえばこのBLOGを書きながら笑っていたら気持ち悪いし、
電車に乗りながらにやにやしていたら不審者だ(笑)

ただ、私はどんなに眠くても、
どんなに疲れていても、
人に会って話していると、
元気がどんどん満ち溢れてくる。
だから、人の前では笑顔な時が多いから、
人からは「いつも笑っている」と思われる。
それだけのはなしだ。

一日24時間、
一人でいる時間もかなり多い。
それならば、
人の前でくらい、
顔の筋肉を使ってあげるのも
良いかと思ふ。

最近は、笑いすぎて顔の筋肉が痛くなる毎日です。
posted by yukky at 18:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦手な人

「よっしーって、苦手な人いなさそうだよね」
って言われた。

苦手な人??
なんだその分類は??
苦手な人ってなんだ??
苦手ってなんだ??

ちょっと考えこんでしまった。
YESともNOとも答えられない。

でも、そのときに、とっさに答えたことは、
「誰と会っても、いつの日かは仲良くなれると思うから、
 苦手だとは思わないかな」

この答えが合ってるのかは、
自分でもよくわかんない。しっくりはこない。

たしかに、誰と会っても、
個人差はあるにせよ、
時間とエネルギーをかけさえすれば、
誰とでも仲良くなれる気はする。

ただ、誰とでも仲良くしたいわけじゃない。
あたしの方からがんばって仲良くなりたいと
思える人ってのは、やっぱり限られてくる。

ひとつ言えることは、
「この人あんまり好きじゃないな・・・」
(これが苦手っていう感情?)
と思っても、自分から心を閉ざすことは
あんまりないってことだろうか。
ここにはやっぱり
「いつかは仲良くなれるかも」感情が働いて、
自分から心を閉ざしてしまうのは
もったいないと思ってしまうからだ。
そう、もったいないと。

今は嫌なやつでも、
いつかはわかりあえるかもしれない。
過去にそういった経験があったから、
誰に対してもそう思ってしまうのだ。

あ、でも、
今までの話は全て、
「初めて会った時にどう思うか」ってはなしだ。
(って今気づいた)

がっつり一緒に活動をしていく中で、
相手のことがよくわかってきて、
その結果嫌な人は、
やっぱり嫌だった。
でも、嫌だと思った人とは、
我慢せずにすぐにその人の周辺から消えてきた。
だから、私の周りにいる人は、
みんな大好きな人ばかりな気がする。
posted by yukky at 18:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

笑顔

自立した人は、
ステキな笑顔を出せると言う。

作った笑顔じゃなくって、
その場をなごますための笑顔じゃなくって、
あなたの心からの笑顔。

きっと、
自分の生き方を持てたとき、
自立した、と言うのだろう。

自然体の心からの笑顔は、
その場にいるだけで、周りをなごませる。

手段としての笑顔じゃなく、
あなたの「楽しい!」っていう気持ちが溢れ出た形。
それが笑顔。
posted by yukky at 01:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

パラシュートの落下点

ちょっとだけ久しぶりに会った友達に、
「肩の力が抜けたね」
って言われた。

彼女が言うには、
空をふらふら飛んでいたパラシュートが、
ようやく落下点を見つけて、
地面に落ちたように見えたのだそう。

そう言われてみて、
ようやく今の自分の位置づけがわかった気がした。

この2ヶ月くらい、
悩むことにばかりエネルギーを使い続けて、
疲れてしまった。
もう飛び続けるエネルギーが残ってなかった。

いいじゃないか。
目先に見つけた落下点、
しばらくここに身を落ち着けて、
エネルギーがたまってきたら、
また飛びたくなるだろう。
そしたら、
風の流れでふらふらと、
またわくわくするところへ
たどりつけるはず。

等身大の自分で、
あせらずに進む。

日々の生活を笑顔で楽しむ。

それにしても、
ものの5分で、私の心情を見抜いた彼女は、
やっぱりただ者じゃない!
会うたびに私のことを心配してくれる彼女に会うと、
何でも打ち明けたくなってしまう。

私も、周りの人にとって、
そんな存在であれたらいいな。
posted by yukky at 14:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

もっと、もっと。

就職するって、
「自分の頑張る場所」をひとつに
決めてしまうことだと思っていた。

自分の人生の方向性を
決めてしまうことだと思っていた。


社会人になるって、
安定することだって思っていた。

目の輝きが失われてしまうものだって
思っていた。


雲をつかむような「大人」ってものを
ちょっとでもわかりたくって、
たくさんの社会人の方に会って、
たくさんの熱心なご助言をいただいた。

大人になんかなりたくない、と
成長を拒んでいた少女が、

あんな大人になりたい!
と目を輝かせた。

就職がゴールだと
決めつけてしまっていたのは
他でもない自分。

ゴールなんて、決めない。

ずっと、ずっと、
「もっと、もっと。」って
上を、上を目指し続けよう。

いくつになっても、
謙虚に、謙虚に、人から学び続けよう。

世界は広い。
君は、もっともっと輝ける。
posted by yukky at 01:19| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。