2004年10月13日

当事者意識

自分の人生に対して、
いかに当事者意識を持って過ごせるか。

これが人生を楽しみきれるか否かの違いだって思った。

きっと、普段から自然に
当事者意識を持って過ごせている人には、
何を言っているのかわからないと思う。

「だって自分の人生じゃん、
自分以外に誰が当事者意識を持つの!?
持って当たり前だよ」って。

あたしもそう思ってた。

だけど、
そんな人ばかりじゃない。


今までの人生で自分から動き出すことのなかった女の子。
彼女は、それを全部、運が悪いせいだとか、
神様のせいだとかにしてた。

親や先生やクラスメイトからカッコ良く見られるように、
優等生のレールを歩いてきた男の子。
彼は自分の行動基準をすべて「他人の目」に置いてきていた。

社会に問題意識を持って、
問題点を挙げては、もっとこうなればいいのに、という人。
でも、自分で変えようとはしない。

みんな、自分の人生のことなのに、
誰かが何かをしてくれると思っている。
自分で決めようとしない。
自分の意思で動こうとはしない。

自分の人生に当事者意識を持っていない。

一回きりしかない人生なのに。
明日終わってしまうかもしれない人生なのに。
あなた自身の人生なのに。

こんなにもったいないこと、ない。

「誰も私の人生を楽しませてくれないんだから、
私は自分で自分を楽しませるのよ!」

この前出会った人が言ってたコトバ。
みんな、かなり心にグサッとささったようだった。

私も、自分で自分を楽しませよう。
自分の人生、自分自身の手で、
どんどん楽しいものにしてしまおう♪
posted by yukky at 08:49| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

所属意識

あたしは組織に所属することがどうやら苦手のようだ。

「組織のために」という考え方がどうもできない。

「自分のために」が根本にある。

あたしは今まで、いろいろな活動に顔を出してきては、
深くコミットせずに去ってきていた。
その原因は、「飽きっぽい」からだと思ってきたけど、
この「組織に所属しにくい体質」が大きく影響してたんじゃないだろうか。

組織に所属する自分がいても、
「組織という枠の中にいる自分」という図を思い浮かべることができない。

組織と自分は必ず独立していて、その間には距離がある。

何かに束縛されることが、
むしずが走るくらい嫌なんだと思う。

きっと、この体質は、
あたしの親があまりにも放任だったことが影響してるんだろう。
小さな頃から、親とあたしの間にもきちんと距離があり、
お互い独立した存在で、
意思決定機関も別々にあった。

だからなのか、
組織の意思で動くのが嫌でたまらない。
自分の生きる意味とか考え始めてしまう。

会社に所属しても、
早々に退職願を出してしまうんじゃないかという危機感を
痛烈に感じてしまったハタチです(笑)
そしたらどうやって生きていくんだ!?
posted by yukky at 01:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

この1年間、自分の好きなことばかりを探して探して
自分に問いかけ続けてきた。

だけど逆に、
「自分の嫌なことは何なんだろう?」
と考えることはなかった。

あたしの嫌なもの。

スーツを着ること。
束縛されること。
交流会。
自分のコトバで喋っていない人。
単位をとるために大学の講義に出ること。
タバコの煙。
自分の価値観を絶対だと思っている人。
ウイルスメール。
電話をかけること。
車のクラクション。

・・・・

たったこれだけ思いつくのに、
けっこうな時間がかかる。

これからは、自分が何かを嫌がる感情も
見逃さずに生活していこうかな。

そうして自分の体の隅の方にある
生き辛さのかたまりを
ちょっとづつほぐしていこう。
posted by yukky at 01:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

心を亡くす

「忙しい」というコトバ、大嫌い。

「最近忙しいの?」とよく聞かれる。
あたしは大体「そんなことないよ」って答える。

強がっているんじゃない。

どんなに時間がなくったって、
どんなに眠る時間を削ったって、

やりがいをぞくぞく感じられたら、
「忙しい」なんて思わない。
楽しくてしょうがない。

だけど、
最近ふと気付くと、
「忙しいな・・・」と思っている自分。

それは心を亡くしているしるし。

自分と向き合う時間。
自分自身を確認する時間。
生きていると感じられる時間。

忙しいあたしは、
そんな時間を失くして、
心を亡くす。

心を亡くしたあたしは、
笑顔がへたくそになる。

笑顔がへたくそになったあたしは
涙をこぼす。

涙がやっと教えてくれる。

深呼吸する必要性を。
posted by yukky at 03:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エスカレーター

最近のあたしは、
着実に進んでいる。

だけど、
それは果たして、
自分の足で進んでいるのだろうか。

今日、つくばではあまり乗ることのない、
エスカレーターに乗って
ぐんぐんと上へとのぼっていきながら、
ものすごい恐怖感に襲われた。

今のあたしは、
まるでエスカレーターに乗っているようだ。

じっくりと今の足元を確認する時間もなく、
後ろを振り返る余裕もなく、
自分の意思とは関係なしに、
前にだけは進んでいる。

そんな生き方、わくわくするんでしょうか?
生きている実感は沸くんでしょうか?
posted by yukky at 02:41| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。