2006年03月27日

井の中の蛙

人の想いに対して、
否定する。駄目だしする。

それって何になるんだろ?

それが、相手が前に進むための
指摘ならば、よいのだけど。

相手を前に進ませなくする駄目だしって
何になるんだろ?

私もよく駄目だしをされるけれど、
私の耳は幸運なことに、
聞きたくないことは、聞かないようになっているため、
駄目だしをされて前に進めなくなることはない。

でも、駄目だしをしている人たちを見て、
悲しくなることはある。

どうか、この人たちに
駄目だしをされて、
前に進めなくなる人が出ませんように、って
心の中でお祈りをしながら、
自分に対する駄目だしを聞いている。


あたしはあたしの人生、
世界のトップクラスに入るくらい楽しむから、
もっと、みんなが楽しく自分の人生を生きれますように。
もっと、みんなが自分の人生を主体的に生きれますように。
posted by yukky at 01:07| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

死ぬかと思った

3月は、
「死ぬかと思った」というコトバがとてもよく似合う一ヶ月でした。

低空飛行の真髄をつかんだのはいいものの、
無感情に過ごすことがエネルギーを放出させないコツだと気付いてしまい、
魂をすべてどっかにやって怒涛の毎日を過ごした結果、
なんとまぁ過ぎ去った日々には
ほとんど記憶が残っていないという結果に終わりました。

記憶って、
感情とか、見た色とか、情景とかで構成されるかと思うんですが、
そういうものがほっとんどない。
ところどころの白黒写真が何枚か残ってるかんじ。

この1週間で、
ようやく一日にひとつずつ魂が舞い戻ってきてるかんじだ〜☆


実は3月17日は私の誕生日で、22歳になりました。
毎年毎年、誕生日は1年のうちでトップクラスに忙しい日だという伝説が
今年も更新された。

大学1年のときは、編集員だったフリーペーパーの〆切。
大学2年のときは、編集長だったフリーペーパーの〆切。
大学3年は、同じく編集長だったフリーペーパーの〆切で、
深夜2時に最終原稿を印刷屋に提出し終わったその足で、
当時のインターン先のお仕事で、
北海道まで講演会&取材ツアーへ、企画責任者として出発。

そして今年は今のインターン先の3泊4日の合宿イベントを
まわし終わった直後、
朝まで同窓会イベント(これもインターン先の仕事)を仕切り、
そのまま2日間インターン先の別のイベントスタッフ。
今年の最大の難関点は、自分が初日から発熱し続けていたことで、
体力が相当やばかった。


この一ヶ月で、突き抜けられたと思うのは、
自分がどうでもよくなったということ。

今までは、やっぱり自分の成長とか興味が一番大事だったんですが、
そんなのはもうどうでもいいです。

自分が世の中に対して何をできるか、
それに尽きます。

その遠くの一点を見つめ続けたら、
自分のその場の感情や興味はもうどうでもよいや。
あとは実行にうつせるかどうか。
posted by yukky at 23:37| | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。