2010年05月12日

主観

いろいろな人の話を
傾聴することが好きで、

それは、それぞれの人の
主観的見方を
とても尊いと思うからで、

その人のこれまでの歩みや
感覚や培ってきたもの
すべてがあって、

その人の
主観が生まれるのであって、
それはとても尊いものだと思う。

共感とはまた違って、
尊いと思う。


ただ、そういう姿勢は、
自分自身の内に、
主観が育まれていないと、
それぞれの主観に
ふりまわされてしまいがち。

内向的な性格っていうのは、
自身の中に
判断基準や評価基準を
持っている人という意味らしい。
これこそ、主観を持っている人のような気がする。

周りを見ると、
50過ぎても、
主観が育めていない人がいるし、
そういう人って、
けっこう違和感を覚えるから、
すぐわかるかもしれない。

ある意味、
研究とか分析って、
主観を排除する。
研究者もコンサルも。

感情が失われていく仕事なのかもしれない。
評価基準は、他者。
どんな仕事でも結局はそうなんだけど、
また少し違う気がする。

自身に主観を育み、
他者の主観も尊ぶ。

うん、
私がいいなと思う人は、
みんな主観を自然に持っていて、
自然にそれを発信している。
posted by yukky at 04:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。